男同士江戸時代

江戸時代までは、男同士が盛んだった

本来恋愛のあり方は、自由であっていいはずなのです。江戸時代には、男同士の恋愛も性交渉も特別なことではなかったようです。古くからある同性愛は、自由な恋愛の形です。

江戸時代には男同士も当たり前だった

歴史の授業で習った限りでは、江戸時代までの武士は勇敢で男らしく、同性愛など無縁の人の集まりのように思えますが、実際は男同士の性交渉も盛んだったようです。

 

江戸時代には、男性同士の婚姻も普通に行われていたようです。
こうした男性同士の関係は「衆道」と呼ばれ、その場合、年少者のほうを特に「念者」と呼ぶような一般的な呼称があったとも言われています。

 

その他にも江戸時代には陰間茶屋や男性のヌードを描いた春画も存在したと言います。

 

かつては、男同士で愛し合うことは、現代のように特殊な事でもなかったようです。
世の中が平和になり、民主主義の時代になってから、法律や制度も確立したことで、男女の恋愛や結婚が当たり前とされる中、タブーとされて行ったのかもしれませんね。

 

その点江戸時代の方がゲイの男性には、ありがたかったかもしれません。

 

時代の流れでNGになった同性愛。

江戸時代の恋愛は、男女の恋愛でも今と随分スタイルが違いますし、婚姻の形態も現代のものとは、異なります。

 

戦乱の時代から、世の中が少しずつ平和になりモラルや秩序が掲げられるようになった事で、同性愛に対する世間の見方も変わって行ったのでしょう。

 

今ほど情報が流通していなかったのも、自由に出来た理由の一つかもしれません。
今の時代は、情報が氾濫していて、誰もがいつでも欲しい情報を知ることが出来ます。

 

プライバシーの保護が叫ばれる時代ですが、人と違っている事に対して違和感を露にされるのも、そういった時代の弊害なのかもしれませんね?

 

そう言った背景もあるわけですから、男同士の同性愛は、別に特殊なことでもおかしなことでもないのだと思います。
本来恋愛は、自由であっていいはずなのですから、男同士の恋愛もあっていいのだと思います。

男同士の出会いを成功させるなら、ゲイ専用のコミュニティサイトがおすすめです。


男同士の出会い探しを始めよう


日本ではまだまだ男同士の恋愛は偏見を持たれたり、堂々とお付き合いできる環境ではないのが事実なのではないでしょうか。

しかし、コチラのページでは同じ趣味を持ったゲイの方だけが真剣に出会いを探せるコミュニティサイトを厳選してご紹介しています。
誰もが羨むカップルになることだって、できちゃう。そんなサイトをご紹介しています。

江戸時代までは、男同士が盛んだった関連ページ

男同士の恋愛は、どう思われているのか
以前よりだいぶOPENになったものの、まだまだ世間一般の目は、男同士のカップルに対して偏見があるのも事実です。男同士のカップルがどう恋愛を楽しむかを知ることも大切です。
男同士で遊びたい方におすすめです
男同士の同性愛者にとって男同士で遠慮なく誰の目も気にせずに楽しく遊べる場所があります。一人でも気軽に出掛けられるところもありますので、興味があれば一度覗いてみませんか?
男同士で出会いたい方におすすめです
男同士で付き合いたいと思っていてもなかなか出会いのチャンスがないと悩んでいる方におすすめのサイトがあります。男同士で出会いたいと思っている方におすすめしたいサイトです。
男同士でも好きな人とキスしたい
女性同士なら大して違和感なく受け入れられる行為でも、男同士のカップルには、まだまだ偏見が多いのも現実です。男同士のキスも同じで世間一般では、嫌悪感を露にする人もいるようです。
男同士のカップルのデートスポット
男同士のカップルだとデート出来る場所も限られてしまいがちです。周りの目を気にしなければいいわけですが、やはりそうも行きませんよね?男同士のデートにおすすめの場所をチェックしておきましょう。
男同士の関係でハッテンとは、何か
男同士のセックスの中でも偶発的に行われる性交渉をハッテンと呼ぶことが多いようです。ハッテンは、不特定多数で行われることもありリスクや危険も伴うこともあります。
男同士のセックスについて知りたい
男同士のセックスは、男女のセックスと違う点として、アナルへの挿入、射精があげられます。衛生面からも十分な知識を持って望むことをおすすめします。男同士のセックスのリスクも把握しておきましょう。
男同士の性処理とは、どういうものか
自慰行為と男同士の性処理の一番の違いは、相手になる対象がいるかどうかと言うことでしょう。射精だけなら一人でも十分可能ですが、より興奮を得るためには、相手が必要なのだと思います。